BOSS ナイタ−走行

4月末のカワハラカップではVoneRRRで非常に調子が良く走行できましたが、その後MTX−4でもBOSSを走行させました。その様子を簡単にレポ−トします。
走行は平日のナイタ−走行でしたので、グリップは特別良くはありませんでした。


MTX−4も R が発売になり、新型パ−ツが出てきました。今回は新型の2°ナックルを装着しての走行です。フロントアクスルはリジット仕様です。

VoneRRRと同様、今回もリヤのデフは0.8MギヤデフにOリングを使用し、オイルは30,000番にしました。フロントナックルは4mmのカラ−を入れ、ステアリングセ−バ−は幅12mmの前から2番目の位置からスタ−トしました。
ボディは新製品のB4 XRを使用しました。タイヤは前後37°です。
コ−スインすると想像以上に曲がる感じです。フロントの動きに対してリヤがついてこない感じですが、リヤのグリップが足りないとかフロントのグリップを落とせばいいと言う感じではありません。
新型の2°ナックルがより曲がる方向に出ているようで、バンプステアの調整とアッカ−マンの位置、蛇角の調整でかなり良いフィ−リングになりそうな動きです。

アッカ−マンを前から4番目の位置に変更し、バンプステアはカラ−を1mm足して5mmにしました。
またタイヤの減り方を見て、ホイ−ルアライメントを多少調整します。タイヤが少し内テ−パ−に削れるように調整しました。
もともと2mmショ−トにしたホイ−ルベ−スとフロントのショ−トダンパ−、12mmのステアリングセ−バ−でかなり好感触だったMTX−4ですが、新型ナックルでさらにスム−ズに曲がってくる感じです。プロポで最適な蛇角調整をすると走行は非常に安定して、ラップタイムも揃ってきました。
新型ボディも安定したラップに大きく貢献している感じです。

当日のセットアップシ−トはこちらから